旅行先としての中国は

中国は見るところが一杯です

さすがに中国は非常に大量の見所が一杯です。歴史が少なくとも5000年くらいある国ですから、自然もそうですが、建造物も極めて勇壮です。それだけ、壮大な国であるわけです。まず、紫禁城がお勧めできます。かつての皇帝の住んでいたところです。今は一般公開されていますから、極めてお勧めできる観光スポットになっています。博物館もあります。他にも天安門広場とか実は動物園もかなりありますので、見るところは一杯あります。そして何より万里の長城です。世界最長の建造物は一見の価値があるのは間違いないです。一生に一度は見るべきです。

中国は料理も楽しみの一つ

中国料理は世界三大料理の一つです。ですから、それを目的に行くことも非常によいことです。

ちなみに当たり前ですが、非常に広い国になりますから、地域によって相当な毛色が違う料理になっていることが多いです。四川なんかは、辛い味付けになっていますし、広東は脂が多いです。河北は小麦系の料理が多い、ということがあります。色々と違いがありますから、好き嫌いがあるのであれば、事前に調べておくことがお勧めできることになります。ちなみにお酒も地方で違いがあります。酒飲みであれば、それも楽しみにして旅行をすることがお勧めできます。

春になったら熊野市に精通しているタビマスターズを探して旅行へ出かけよう。