旅行の楽しみの一つは宿選び

民宿やペンションのいいところ

旅の目的は観光だけでなく、宿泊場所での食事なども楽しみの一つです。民宿やペンションは小規模なところが多く、アットホームで良心的な価格が魅力なのですが、魅力はそれだけではありません。小規模であるがゆえにその宿のこだわりが見られることもあり、オーナーさんとの距離感が近いので色々と地元の話が聞けたりします。印象的なところでは、漁師さんが経営している宿で海鮮料理が新鮮で贅沢なくらいの量がでてきたり、馬を飼っていて乗馬ができる宿で、窓の外には馬がゆったりとくつろぐ風景が楽しめたり、温泉に拘りがあったりと、オーナーさんの宿に対する思いとおもてなしの気持ちが伝わってくるところがいいです。

大規模なホテルや旅館のいいところ

大きなホテルや旅館、ツアーなどで行くとだいたいそのようなところに泊まることが多いですが、まず収容できる人数が多いので、それにあわせてお風呂や脱衣所が広いこと、部屋の中も静かなことが多いのでよく眠れますし、プライバシーは守られます。また、アメニティーも充実していますので歯ブラシやちょっとした化粧品なども置いてあり、便利です。食事も色々なものを少しずつ食べたいときにはバイキング形式をとっているところも多いので、その品数の多さが魅力です。朝食の時間も余裕がありますのでゆっくり食事をすることができます。

春になったら奈良に行くならタビマスターズを見つけてたびに出てみよう。