身軽な旅ができる工夫

家から空港までの荷物を減らそう

旅行にいくとなると、ある程度の荷物が必要になります。着替えはもちろんのこと、デジタル機器とその充電器、旅行先で人に会うなら、おみやげも持っていくかもしれません。日程の長い旅や海外への旅行だと、特に荷物が増えがちですよね。大きな荷物を持って空港まで移動するのは大変ですから、空港をあて先とした宅配便を活用してください。たいていの空港には宅配便を扱うカウンターがあり、そこで荷物を受け取ったり発送したりできるのです。旅行から戻ってきたときも、おみやげなどで増えた荷物を自宅まで送ることができます。当然、送料はかかりますが、大きくて重い荷物を持って移動しなくていいのは特に帰路で役立ちますよ。

バスの移動なら座れて快適

旅行に行くとき、空港までどんな交通手段で移動しますか。多くの人は電車を使うと思いますが、自宅からそう遠くない駅から空港までの直行バスが出ていないか調べてみてください。観光バスのような大型のバスで、空港と片道1時間程度の駅をつなぐ路線がよくあります。電車とは違って乗り換えがなく、座った状態で空港まで直行できるのでなかなか楽な移動方法です。道路渋滞によって到着時間が左右されるので、時間に余裕を持って利用してください。空港まで車を使い、駐車場に止める人もいると思いますが、旅行帰りはなにかと疲れていますから、やはりバスをおすすめします。

ここから渋川で話題のタビマスターズを見つけてたびに出てみよう。

旅行先としての中国は

中国は見るところが一杯です

さすがに中国は非常に大量の見所が一杯です。歴史が少なくとも5000年くらいある国ですから、自然もそうですが、建造物も極めて勇壮です。それだけ、壮大な国であるわけです。まず、紫禁城がお勧めできます。かつての皇帝の住んでいたところです。今は一般公開されていますから、極めてお勧めできる観光スポットになっています。博物館もあります。他にも天安門広場とか実は動物園もかなりありますので、見るところは一杯あります。そして何より万里の長城です。世界最長の建造物は一見の価値があるのは間違いないです。一生に一度は見るべきです。

中国は料理も楽しみの一つ

中国料理は世界三大料理の一つです。ですから、それを目的に行くことも非常によいことです。

ちなみに当たり前ですが、非常に広い国になりますから、地域によって相当な毛色が違う料理になっていることが多いです。四川なんかは、辛い味付けになっていますし、広東は脂が多いです。河北は小麦系の料理が多い、ということがあります。色々と違いがありますから、好き嫌いがあるのであれば、事前に調べておくことがお勧めできることになります。ちなみにお酒も地方で違いがあります。酒飲みであれば、それも楽しみにして旅行をすることがお勧めできます。

春になったら熊野市に精通しているタビマスターズを探して旅行へ出かけよう。

旅行の楽しみの一つは宿選び

民宿やペンションのいいところ

旅の目的は観光だけでなく、宿泊場所での食事なども楽しみの一つです。民宿やペンションは小規模なところが多く、アットホームで良心的な価格が魅力なのですが、魅力はそれだけではありません。小規模であるがゆえにその宿のこだわりが見られることもあり、オーナーさんとの距離感が近いので色々と地元の話が聞けたりします。印象的なところでは、漁師さんが経営している宿で海鮮料理が新鮮で贅沢なくらいの量がでてきたり、馬を飼っていて乗馬ができる宿で、窓の外には馬がゆったりとくつろぐ風景が楽しめたり、温泉に拘りがあったりと、オーナーさんの宿に対する思いとおもてなしの気持ちが伝わってくるところがいいです。

大規模なホテルや旅館のいいところ

大きなホテルや旅館、ツアーなどで行くとだいたいそのようなところに泊まることが多いですが、まず収容できる人数が多いので、それにあわせてお風呂や脱衣所が広いこと、部屋の中も静かなことが多いのでよく眠れますし、プライバシーは守られます。また、アメニティーも充実していますので歯ブラシやちょっとした化粧品なども置いてあり、便利です。食事も色々なものを少しずつ食べたいときにはバイキング形式をとっているところも多いので、その品数の多さが魅力です。朝食の時間も余裕がありますのでゆっくり食事をすることができます。

春になったら奈良に行くならタビマスターズを見つけてたびに出てみよう。

休日一人旅・東京高い建物編

東京の街を見渡そう!東京タワー

人気の観光スポットである、東京タワー。多くの人が訪れる場所でありますが、一人でゆっくり東京を眺める場所としてもオススメです。

誰かと一緒にいくとお互いペースは合わせなくてはいけませんが、一人でいけばずっと自分の好きな街を見ていられるのです。

平日にお休みがある方ですと、比較的に空いていますし、夜に時間が空けば、東京の綺麗な夜景を堪能できます。カップルも多くいるかもしれませんが、周りを気にすることなく、一人でゆっくり東京の街を見ていると心が洗われ、リフレッシュできます。少し疲れたあなたにオススメの一人旅スポットです。

もっと高い所へ。スカイツリーへ登ろう

いまやこちらも東京を代表するスポットとなった、東京スカイツリー。下町にあるという事もあって外国人観光客も多く、常に賑やかなスポットです。全長634メートルもあるその大きさは近くから見ても圧巻のスケールです。第一展望に登っても人が小さく見える高さなのに、第二展望台に上ると、まったく人が見えないほどの高さで、現実を忘れる事ができます。またスカイツリーの下にはショッピングができるスペースや、飲食スペースもあるので、一日遊ぶ事ができます。一日かけてリフレッシュしたい時は是非スカイツリーに足を運んで見てください。

春になったら南知多に詳しいタビマスターズを活用して旅行を計画しよう。

旅をするならやっぱりひとり旅

誰にも縛られないって素晴らしい

家族や友人、恋人と行く旅行は楽しい。確かに楽しいけれど、複数人が集まればトラブルが起こってしまうこともある。これではせっかくの旅行が台無しだ。その点「ひとり」は違う。本能のままに行きたい所へ行き、見たいものを見て、食べたいものを食べる。宿泊プランをあれやこれやと相談する手間も、一円単位の細かい割り勘も必要ない。

せっかくの旅なのだ。ヒトにも時間にも縛られることなく思いきり羽を伸ばしたい。ストレスフルな日常を脱してちょっとした非日常へ。自由気ままとはなんと素晴らしいことだろうか。筆者はやはり「ひとり旅」をオススメしたい。

おひとり様は何かと得をする

「何名様ですか?」

観光客で賑わう人気スポットで堂々と「おひとり様宣言」をするには結構勇気がいる。一緒に旅をする仲間もいない寂しい人などと思われやしないだろうか……。ポーカーフェイスを決め込んではいるものの、実は心中穏やかではない。

しかし、そんな精神的リスクを冒してでもしたいのがひとり旅である。レストランや乗り物では早く席順が回って来ることがあるし、最近じゃ「おひとり様割引プラン」なんて文字も目にするようになった。世間は我々に味方している。だから筆者は今日も、胸を張って「ひとりです」と宣言しよう。

夏になったら神奈川のタビマスターズを使って遊びに出掛けよう

旅行に行く前に作ってみよう!「旅のしおり」のすすめ

「旅のしおり」を作るのは簡単!

旅行好きな人の中には、計画をあまり立てずにふらっと旅に出るのが好きな人、前もってきちんと下調べをして完璧に計画を練ってから出発する人などいろいろなタイプの人がいます。それぞれにメリットやデメリットがあって必ずしもどちらが良いということはできませんが、今回は前もって下調べをした上で「旅のしおり」を作っておくメリットを紹介してみたいと思います。

「わざわざしおりなんかを作るの?」と言う人も多いと思いますが、パソコンやインターネットが使える現在では意外と簡単に作れます!目的地の情報をインターネットで調べて、ワープロソフトなどでコピー&編集しプリントアウトするだけ。表紙に目的地の写真やイラストなどを添えれば本格的な旅のしおりのできあがりです。

「旅のしおり」を作るメリットとは?

旅のしおりを作るメリットは、何といっても現地に行った際に迷ったり、ウロウロして余計な時間を使わずに済むこと。前もって現地の観光スポットやグルメなどを調べておけば、旅行から帰った後に「行きそびれた!」と後悔することが少なくてすみます。寺院や仏閣、文化財などはあらかじめ知識を持っていった方が、より深く楽しむことができるでしょう。

また「しおり」と言う形で残しておくと、旅行に行った際の思い出としてとっておくことができます。現地のパンフレットや半券などをはさんで保存するのにも便利ですよ。

グループ旅行や家族旅行などの際にはぜひ、「旅のしおり」を作ってみられてはいかがでしょうか。

冬になったら佐野に精通しているタビマスターズでいつもより刺激的な時を過ごそう。

シティ・オブ・ロンドンの観光

イギリス観光では金融街が

イギリスにはとても多くの魅力があります。自然も豊かですし、様々な歴史的な建造物もあります。現在もなお使われているものも多いです。宮殿とかもたくさんあります。荘厳な寺院、教会も多いですから、そうしたところを是非とも見て回ることがお勧めできます。しかし、そうしたところではないのですが、お勧めできるところがあります。それはシティ・オブ・ロンドンです。これはロンドンの中にある特区のようなところです。シティにはロンドン証券取引所がありますし、イングランド銀行、世界最大手の保険会社の本社等がありますから、まさに金融の中心地なのです。

かつては世界一であり世界帝国であった

今でこそ、ウォール街に首座は奪われていますが、一時は世界最大であり、且つ、最高の金融街だったのが、シティ・オブ。ロンドンです。まさに、世界経済を先導しているところであるといえます。ちなみに、当然ではありますが、先物取引もしています。銅や錫などはここ国際価格が決まっています。このような土地ですから、是非ともビジネスマンであれば、一見の価値があるといえます。何ができる、というわけではないのですが、金融の最先端を担う街をせっかくロンドンにいったのであれば見学して見ることです。これもお勧めできる観光スポットになります。

ここで愛知にいるタビマスターズを探して旅行へ出かけよう。